アメリカ・ツウ、混合流通モデルに移行

業界をリードする独立系商社は、約400のメーカーより直接買い取りを実施

フロリダ州セント・ピーターズバーグ(PRWeb)2012年6月6日 – 半導体およいパッシブ部品を流通する世界屈指の独立系商社であるアメリカ・ツウ・エレクトロニクスは、独立系商社と代理店のバランスをうまくとり、より混合した流通モデルへの移行を明らかにしました。 独立系商社は通常OEM企業や他の商社から部品を調達することが一般的ですが、アメリカ・ツウは引き続きメーカーと関係を結び、正規代理店の流通モデルのように、直接買い取りを行います。 これによって、同社のサプライチェーンのさらなる安全性を保証し、お客様のニーズに応えることが可能になります。

アメリカ・ツウの理念の核に当たるのが、お客様の満足への献身であり、それを支える土台としてしっかりとした品質システムがあります。 メーカーと提携を組むことによって、直接的な買い取りを可能にするという一連の流れは、アメリカ・ツウの発展において理に適ったステップだと考えられます。

「現在に至るまでアメリカ・ツウは進化を続けています。」とアメリカ・ツウの最高執行責任者であるDan Biaillon氏は述べました。 「独立系商社の特性と正規代理店の特性を融合させることによってお客様に唯一の経験をご提供しています。 もちろん現在でも当社には世界中で日々部品の調達にあたる購買専門のチームが揃っています。 しかし、約400社のメーカーからの直接買い取りも実施しています。 どちらの特性もうまく組み合わせているため、世界中のお客様に効果的に製品を提供することができます。」

独立系商社、正規代理店両方の特性を融合させることによって、アメリカ・ツウの流通モデルは構築されています。 アメリカ・ツウでは、約40億の部品を在庫として保有している一方で、お客様に在庫ソリューションプログラムを提供しています。 世界中に電子部品エンジニアが雇用されており、また57名で構成される品質管理検査官のチームも揃っています。

「当社ではこれを流通の進化と呼んでいます。」Biaillon氏はそう述べました。 「当社はお客様のニーズに適応しております。 余剰購買プログラムやサプライチェーン管理サービスを通じての資産回復の支援など、元々独立系商社としての成功に至る過程で実施していたことは、現在でも行っています。 しかし、メーカーからの直接買い取りも行い、引き続き正規代理店契約も結んでいきます。 お客様のニーズにお応えするべく、独立系商社と正規代理店の絶妙なバランスを見極めております。」

詳細については、アメリカ・ツウ・エレクトロニクスに電話((800) 767-2637)でお問い合わせいただくか、www.americaii.comをご覧ください。

アメリカ・ツウ・エレクトロニクスについて

1989年設立のアメリカ・ツウ・エレクトロニクスは、世界屈指の独立系半導体商社です。 フロリダに本社を構え、イギリス、ドイツ、中国、日本、シンガポール、メキシコなどにオフィスを展開するアメリカ・ツウでは、1,900ものメーカーからよせられるアクティブ部品、パッシブ部品、機構部品などを在庫として保有しています。また128,018平米の広さを誇るISO 9001 2008およびESD認定の北米流通施設より付加価値サービスや在庫ソリューションを提供しています。 40億もの部品から構成され、即日配送可能なアメリカ・ツウの在庫は、業界屈指の規模を誇ります。

お問い合わせ:
マーケティング担当ディレクター Anton Wurr
アメリカ・ツウ・エレクトロニクス
800-767-2637
awurr@americaii.com

###


すべてのニュースを表示 >