検査および試験

品質管理のプロセスは長い年月をかけて構築されています。 アメリカ・ツウ・エレクトロニクスは、25年にわたる経験を通し、品質保証の分野で大きな進歩を遂げました。 最先端の試験や検査設備購入に大きな投資を行い、サプライチェーンの安全性を保証してきました。 たゆまぬ改善とトレーニングプログラムを受けることにより、検査チームは業界基準の最新の知識を常に身につけています。

高品質の製品を保証するために、アメリカ・ツウではまず、ベンダーに対する厳しい資格プロセスを設ける方針を取っています。 当社のISOベンダー管理システムに基づき、約5,000のベンダーを買い取りに適さないと判断し、一切の取引ができないように指定しています。 当社の在庫の大部分には、工場で製造されたばかりの製品もあれば、お客様所有の製品を資産回復として委託された製品もございます。 全製品は新品で、当社の品質システムにおいて入念な検査を受けます。

検査プロセスとして、まず当社スタッフが配送されてきた製品を受け取り、その後、品質管理検査官が外観検査を行います。当社の品質管理検査官は、品質上の微々たる不備も見逃さず、様々な検査ツールを駆使して作業にあたります。 当社では、高倍率顕微鏡やカメラを用いて、文書管理および物理的寸法を調べるために外観検査など複数の試験を設けています。 外観検査のプロセスの後も引き続き、耐久性の検査や「ブラックトッピング」という製品の再表面加工検査などのより高度な検査テクニックで製品の品質をチェックします。 各試験はアメリカ・ツウの抜取方式と一致し、到着した製品に対する検査文書に記録されます。 検査官は、品質管理ワークシートの注文情報に記載されたお客様固有の手順(Customer Specific Instruction:CSI)に従うよう訓練されています。

さらに、品質管理検査官が部品や梱包を調べ、その部品が業界基準に沿った方法で管理、保管、梱包されていることを確かめます。 業界基準に一致しない点を検査官が発見した場合、その製品は品質管理チームのリーダーあるいはスーパーバイザーに上申されます。 スーパーバイザーがさらなるサポートを必要とする場合は、電子部品エンジニアがその問題の解決にあたり、当社の第三者試験機関に各種の真贋テストを依頼し、部品が元の仕様に一致していることを確認する場合もあります。 アメリカ・ツウの社内試験設備を用いて、 XRF試験や 被膜剥離術、X線、はんだ付け性試験や真贋検査などの試験を実施することができます。